伝えたいこと

「卒業したら建築家になる」なんて言うやつは建築家として食べていけない

どうも、ペコケンブロガーの柴田です。

突然ですが、質問です。

 

建築学生のみなさんは、将来何になりますか?

 

 

 

 

 

卒業したら建築家を目指しますか?

 

 

 

 

 

それとも、

組織設計事務所に入ってノウハウを得た後で独立して建築家になりますか?

 

なぜ、こんな質問を投げかけるかというと、

ぼくには日々悩んでいた疑問ありました。

 

それは「建築学生はどのタイミングで建築家になるのか」です。

 

最近、その疑問がようやく解決しました!

自身を建築家と名乗った時に建築家になる

ぼくの結論はこうです。

それは「自身を建築家と名乗った時に建築家になる」です!

 

はじめは、

「実施で建築を設計したら建築家になる」

「独立したら建築家になる」

なんてことを考えていたりしました。

 

ですが、それだと納得の行かない点があります。

そもそも、

  • 建築家の仕事の中で「建築を設計すること」は一つの側面でしかないこと
  • 独立して事務所を構えていなくても建築家は存在すること

この2点です。

 

実際、

考えてみたら建築を設計するための資格はありますが、建築家を名乗るための資格は存在しないんです。

デザイナーであれ、写真家であれ、、、

例えば、

デザイナーはデザインの学校を卒業したらデザイナーになれるのでしょうか?

写真家は写真の専門学校を卒業したら写真家になるのでしょうか?

 

違いますよね。

自ら名乗ったこと瞬間からデザイナー・写真家としての道は始まるんです。

 

建築家も同じだと思います。

資格があるからややこしくなっていますが、

建築を設計する行為」を資格で制限されているだけで建築家は自分が名乗ったタイミングでなれるんです。

 

それと同時に

卒業したら建築家になる」なんて言っている人はいつまでたっても「建築家として食べていけるようにはならない」と分かりました。

 

建築家になるのは資格ではなく、

単純に意識の問題なんです。

建築家のキャリアは今からでもスタートできる

本人の意識次第で建築家としてのキャリアをスタートできるとわかった今、

周囲が建築家として活動をスタートするのを指を加えて待つ必要はありません。

 

特に最近は「建築を設計すること」以外の活動にも注目が集まるようになり、

自分の培ったスキルでお金を稼ぐことへの壁はもうないと言ってもいいでしょう。

 

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい
バイトに励む時代は終了。自分のスキルで稼げる時代になぜ、自分で稼がないの?どうも、ペコケンブロガーの柴田です。 唐突ですが、、、建築学生がバイトに励む時代は終わりました!! 「え、、、なに言...

 

ぼくはこの真実に気づいてから建築家として名乗ることに決めました。

そしてブログを建築で培ったことをアウトプットする手段としてもちいています。

 

「建築家のできること」に制約はありません。

ただ、資格を持っていなければ建築を設計できないだけに過ぎないんです。

 

卒業したら建築家になる」なんて言わず、

建築家としてのスタートを今すぐ切ってみてはいかがでしょうか。

 

建築家として名乗ることが、建築家として食べていくための第一歩ですよ!

 

家建てる前に、金稼げ!

ABOUT ME
しばたまる
人間を家具にすることが趣味です。世の中は便利なモノで溢れてるので「無駄な家具」を考えてます。