建築学生

建築学生が就職する前に知っておくべき真実

どうも、柴田です。

最近、こんなことを良く耳にします。

「建築をする時代は終わった、、、」

「建築を建てれない時代がやってくる、、、」

そのせいか。建築学生の中には、

今後の建築業界に対して大きな不安を抱いている割合も少なくないんじゃないでしょうか。

おそらく、

「僕らは食べて行けるのか」と日々震えているのではないでしょうか。

ぼくはそんなことは決してないと思っています。

「むしろ、食べていきやすくなる。」とまで思っているくらいです。

あわせて読みたい
【建築本】建築家が読み込んだ『世界と視点』を変える16冊 “建築家になるにはどんな本を読めばいいの?” 普段から疑問に思っていることがあります。 それは建築家を目指す...

「建てれない時代」から「建てること以外が仕事になる時代」へ

その理由は、

「建てれない時代」から「建てること以外が仕事になる時代」へシフトするからです。

以前までの建築業界は建築(最終成果物)で自分の価値を表明してきました。

ですがここ十数年で建築を建てることだけでなく、

過程などの建てること以外の部分で価値を表明出来る時代が徐々にやってきました。

そしてこれからの時代、

街を見れば空き家だらけで建築自身は有り余っているのが現状ですよね。
(利用できる状態かは別としてですが)

最近になり、

共通認識として空き家問題やスクラップ&ビルドへの違和感が日本全体の常識になってきました。

だからこそ、

「建築家=建物を作る人」という世間のイメージから脱却できる大きなチャンスが訪れているんです。

周りの友人に、

「建築って家建てる職業だよね。将来、家建ててよ。」

とか言われたてことはありませんか?

「確かに間違ってはいない。けどそれだけじゃないよ建築って!!」

と思ったこと一度はあると思います。

でも、

実際のところは世間の建築への認識なんてそんなものなんです。

それは世間の関心がそれそどないのかもしれませんが、

最終成果物(建築)の代金として収益を上げるシステムが原因になっています。

なので住宅の依頼であれ、

大きな施設の仕事であれ、

建てることが出来て初めて仕事が成立したことになります。

これは多くの人が

成果物(建築)を頂くことに対しての代金を支払っている感覚があり、

設計過程に起きる事象に対価を払っている感覚はないんです。

ですが、

建築を建てることが必ずしも喜ばれないこの時代によって

自分たちで対価を支払ってもらうフェーズを設定できる機会が訪れているんです。

僕は、これは非常にチャンスだと思いました。

コンビ二アイスを評論することを仕事にしている男の話

みなさんは、

http://www.conveniice.com/より

アイスマン福留さん↑

アイスマン福留というコンビニアイス評論家の方を知っていますか?

この人はコンビニアイスを毎日食べて評論することを生業にしている人です。

「正直、そんな仕事があっていいの?」と思う人もいるかもしれません。

以前までの社会であれば、

そんなことで食べていくことは不可能に等しかったと思います。

しかし、

急速なSNSの発展の影響でそうしたニッチな欲求を持つ人と自分繋げる媒体が充実し始めました。

その結果、このような仕事が成立するんです。

これらの真実から見えるこれからの時代

考えてみると、

建築業をする人の多くは対価を得れるポイントのほとんどスルーしています。

例えば、

家を改築しようか・売ってしまおうかで迷っている人がいたら、その相談に乗るだけでも対価は得られるだろうし、

ワークショップすらそこにイベント制や価値を持たせる事が出来れば、立派なビジネスとして成立する。

そのほかにも、

スタディの過程や設計段階でその土地をリサーチして得られた情報も、

建築家としての分析を加えて付加価値をつければそこに収益を生むことが出来ると思います。

情報収集から膨大な検討や周辺からの意見の吸い上げやワークショップなど膨大なステップを得て建築物を作っているということは言ってみれば、

多くの職業を兼業ようなものです。

にも関わらず、

目に見える最終成果物のみで代金をもらっています。

これでは、食べていくイメージができないも当然です。

建築を学ぶ人はすごく多彩で優秀な人が多いと思います。

それは建築をすること以外の仕事内容が実質ほとんどを占めるからです。

これからの建築で食べていくことを考えるのなら、

今まで設計までに自然に踏んできたステップを小分けにして、一つ一つ別の収益をあげる手法としてマネタイズすることが重要になっていきます。

最終的な設計料として、全ての対価を受け取るのではなく、

それぞれに合った手法であった広告をするべきなんです。

それさえできれば、

建築を生業にする人は今まで以上に楽に食べていけるし、

そんな幻想(食べていけるのかという不安)に惑わされる心配もなくなります。

Casaを無料で購読する裏技

Casa BRUTUSを含む200種以上の雑誌を0円で読み漁る裏技を紹介してるよ!

あわせて読みたい
【裏技】Casa(カーサ)雑誌のバックナンバーから最新号までを0円で購読する方法紹介する裏技を使えば、Casa BRUTUSを含む200種以上の雑誌のバックナンバーから最新号までを 0円で読み漁れるようになりま...
ABOUT ME
しばたまる
人間を家具にすることが趣味です。世の中は便利なモノで溢れてるので「無駄な家具」を考えてます。