建築

【神奈川で建築巡り】旅におすすめな建物と町並みとお宿。

神奈川で巡るべき建築たち

■箱根彫刻の森美術館

■ポーラ美術館

■KAIT工房

■ヨコハマアパートメント

■横須賀美術館

■横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

箱根彫刻の森美術館

まずは建築学生問わず人気の美術館。

インスタ映えする写真も、日頃の疲れもここでとれるはず…

設計

井上武吉(彫刻家)

概要

1969年に国内ではじめての野外美術館としてオープン。箱根の大自然が望める7万㎡の緑豊かな庭園に、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されている。じっくり眺めたり散策気分でのんびりしながら思い思いに芸術とふれあえる。

アクセス情報

■住所      

〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

■最寄り 

[電車]
小田原駅→箱根湯本駅
→箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車(徒歩2分)

[バス]
小田原駅→箱根湯本駅→箱根登山バス
伊豆箱根バス「二の平入口」下車(徒歩5分)
箱根登山観光施設めぐりバス「彫刻の森美術館」下車 

■見学時間

9:00〜17:00 年中無休

料金

一般1600円
大学生高校生1200円
中学生小学生800円

ホームページ

https://www.hakone-oam.or.jp/

地図

ポーラ美術館

続いても美術館。

彫刻の森美術館とはバスで約25分ほどの距離。

設計

日建設計

概要

コンセプトは「箱根の自然と美術の共生」。箱根の自然と景観を配慮し、傾斜を上手に利用することで森の中に吸い込まれるような感覚をつくりだす。 木々に溶け込むよう高さが地上8mにおさえられ、多くが地下の展示空間。建築空間が芸術と自然を美しく結び合わせる。

アクセス情報

■住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285 

■最寄り

小田原駅からバスで1時間

■見学時間  

午前9時~午後5時

年中無休(ただし展示替のための臨時休館あり)

■料金   

大人1800円
大学生高校生1300円
中学生以下無料

ホームページ
https://www.polamuseum.or.jp/info/timetable/

■地図

KAIT工房

建築の密度と質量を問う現代建築。

多様化する活動に一つのルールで同時性を持たせる。

設計

石上純也/石上純也建築設計事務所

概要

学生が気軽にものづくりができる場所。 約2,000㎡の中に総数305本の柱があり、密度による”ムラ”がさまざまな溜まりの場を作り、それに見合った活動を誘発する。構造柱のイメージを変えた細い柱は無重力感が漂う。

アクセス情報

■住所

神奈川県厚木市下荻野1030学校法人 幾徳学園  神奈川工科大学 敷地内

■最寄り

本厚木駅からバスで約25分

■見学時間  

ホームページの開館カレンダー参照
※事前に予約必須

■料金

無料

ホームページ

https://www.kait.jp/kaitkobo/

■地図

ヨコハマアパートメント

パブリックとプライベートの分け方、地域に開くカタチとは…?

現代の多くの建築学生が悩む問題の1解答。

設計

西田司 + 中川エリカ / オンデザインパートナーズ

概要

1階に天井高5メートルの共用空間があり、住民同士の交流もとより外部からも人を招くことができる。2階には4つのワンルームの居住空間があり、それぞれ1階から別々の階段でつながっている。ヒトとヒト、ヒトとコトをつなぐ機能を持つ珍しい共同住宅。

アクセス情報

■住所
横浜市西区西戸部町              

■最寄り

①横浜駅よりバス102系統「滝頭」行き 藤棚バス停下車 徒歩5分

②横浜駅、桜木町駅よりバス89系統 「一本松小学校」行き終点下車 徒歩5分

③相鉄線 西横浜駅 徒歩16分

④京浜急行線 日ノ出町駅 徒歩18分

■見学

時々開催される見学会にて

 

横須賀美術館

またもや美術館。

しかし美術館こそ設計の本質が垣間見える。作品ごとに対する光の当て方や、部屋の色、壁の厚さなどに注目してほしい。

設計

山本理顕/ 山本理顕設計工場

概要

目の前が海に面している開放的な美術館。建物はガラス張りの近代的で天井や側面には自然を取り込む大小の丸穴が開けられている。山と海のどちらからも自由に館内に出入りすることができ、灯台や砲台跡などをめぐりながら、自然と歴史と美術の深いつながりが感じられる。

アクセス情報

■住所

横須賀市鴨居4-1

■最寄り

横須賀」駅3番乗り場から京急バス「観音崎」行(須24)「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分)下車(徒歩約2分)

■見学時間

10時~18時

■休館日

毎月第1月曜日(祝日の場合は開館)

■料金

常設展 一般 310円

大学生高校生65歳以上の方 210円

※中学生以下無料

■ホームページ

 http://www.yokosuka-moa.jp/index.html

■地図

神奈川に行ったら見たい町並み
横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)

デートスポットとして王道の大さん橋。

建築としても実に秀逸で、開かれた場所として良く成り立っている。

設計

アレハンドロ・ザエラ・ポロ、ファッシド・ムサヴィ/エフ・オー・アーキテクツ

概要

大さん橋を側面から見ると、ターミナル建物の屋上は、波のうなりをイメージされた2つのやまなりになっている。その姿はまるで水面に浮かぶ鯨の背中のよう。客船、港との融合を心がけたデザインである。

アクセス情報

■住所

神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4

■最寄り 

①みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分(3番出口)

②横浜市営地下鉄/JR「関内駅」下車徒歩約15分

■地図

神奈川の建築巡りで使いたいゲストハウス
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

全く手軽ではないけれど、建築の巨匠 村野藤吾が設計した旅館。

美術館巡りのあとは優雅に過ごすのもアリでは…?

設計

村野藤吾

概要

一木一石大切に保存することを徹底し、全方向から自然を享受できるよう設計された円形のホテル。目の前に広がる芦ノ湖が日常の疲れを身心ともに癒し、小鳥のさえずりを聞きながらゆっくりと流れる静かな時間を楽しめる。湖や森、見える景色に合わせてテラスをつくったり、吹き抜けにしたり大自然とともに共存する建築空間を楽しめる。

アクセス情報

■住所

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144

■最寄り

JR小田原駅よりタクシーで45分

■料金

24000円〜

■地図

執筆 湯川智咲

-募集-建築写真

当ブログ”ぼくは巨匠になりたい。”では当記事に掲載されている神奈川県の建築写真を募集中です。

この記事を読んで「ぼくの撮った建物写真使ってもよいよ〜」って方はぜひ【しばたまるのTwitter】もしくは【当ブログのお問い合わせ】までご連絡くれるとうれしいです。そんで会ったらごはん奢ります。

よろしくお願いします◎

おしまい