建築

メディアコスモス。ぼくに本を読む休日をくれた。岐阜の図書館建築。

-この記事で分かること-

  • メディアコスモスってどんなとこ?
  • 外装・内装はどうなってるの?
  • 行く前に知っておくべきことある?

 

人生で本を読みにどこかに出かけようと思ったことは一度もありません。それが図書館なら尚更。

ごきげんよう、しばたまるです。

なんか空間全体で「本を読みましょう」って警告される気持ちになるんです。でもね。今日初めて図書館に行って本を読む、そんな休日もいいかなって思えた場所に出会えました。

みんなの森 メディアコスモス

ここは岐阜県岐阜市にあるみんなの森 メディアコスモス。

市立の中央図書館なんだけど、創作のための場所や何かを披露する舞台も備わってるし、スタバやローソンなんかもあるから複合施設といった方がたぶん正しい。

 

図書館にしては珍しく空間全体に仕切りがなくて、窮屈さを感じないし、あの本に圧迫される感じが一切しない場所。

実際に行って見るとこれまでの図書館が牢獄に感じるくらいに開放的。

 

そこには本を読む人やごろごろしてるだけの人、会話を楽しんでる人や走りまわってる子供…みんながみんな本を読んでるわけじゃないけど、なんか嫌な感じがしない。

たぶんここは本を読む空間じゃなくて、読みたくなったら本を読んでいい空間なんだなってその時思いました。

メディアコスモスの外観

外観全体はガラス面で合間の木は暖かい。普通にみただけじゃここが図書館だなんて誰も思わない…こともないけど、図書館なのかと思って眺めてみると少し不思議です。

 

そして目のまえの広大な敷地でピクニックしてる家族をみて将来こんな風になりたいなって思いながらぼくは建物の中へと進んでいきました。

関係ない話ですが占いによるとぼくは25才で運命の相手に出会うらしいです。

メディアコスモスの内観

中へ入ると広大な空間が広がっています。

そこには毎日のように何か行われる舞台で歌う人々や春休みの宿題をしている学生、それにお弁当をたべながら色んな話をしてるお年寄りやこのメディアコスモスの職員さんなどなど。色んな人いて。

1階は図書館というよりはすごく広い空間で色んな人が思い思いに活動している場所なようです。

上を見上げると木板がずらっと並んでいて美しく、ダクトなどの対比構造により作り出された天井面は表現しがたい魅力があります。

また照明もすべてつっていて浮遊感あり、天井を合わさると空間全体の流れを感じることができます。なんか自分が軽くなっているように感じる。

天井は真っ白なら人の視線は天井面にはいかないし、どちらかというと周囲の動く人物に気を取られる。

でもこの空間にいるとぼくらは川に流れる葉っぱになる。川に気を取られることは合っても、葉っぱ1つに視線はいかない。だからみんな自由に身を任せて流れてる。思い思いにゆったりんだと思う。

 

2階は図書空間。といっても本棚はそれほど多い。それにしても気になるあつこちで浮遊してるそれは1つ1つが異なった場を捕まえてる。

 

例えばここは全体がソファになっててみんなだらっと本を読んでるし、

ここではみんなが集中して本を読んでる。

ここに至っては子供が飛び跳ねたりするし、

ここは予約して変わられたりするみたい。

そしてそんな空間から派生するように破門状になって本棚が散らばってる。

 

端っこに行けば、外の景色を見ながら勉強してる学生や備え付けのパソコンで映画みながらくつろぐおじさんの姿も発見することができた。

空間全体は繋がってて、浮遊したそれがなんだか独自の場を作ってる。そして天井面もゆるやかというかなんというかで空間全体が本を読む森に感じる。

 

ちなみにぼくの小さい頃にこの図書館が近くにあったら本をもう少し読む人になってたかもしれない。ぼくは子どもの頃、図書館が嫌いだったから。でも、ここなら親と連れってて欲しいってお願いすような気がする。

実際、子供が走り回ってたり、図書館で鬼ごっこをしてた。あとちっちゃい机と椅子があってそこでは小学生くらいの兄弟が本を見せ合いっこしてる情景にも出会えた。

でも、この図書館だと嫌な気はしないし、なんか当たり前に許容できる。

 

ここまで紹介してきて「あれ?本を読む所は多いけど、本自体置いてないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれない。ぼくも最初はそう思った。

でも、実はこの本の蔵という不思議な場所を潜るとたくさんの本に出合うことができる。実際は60万冊くらいあるみたいです。

メディアコスモスを設計した建築家は伊藤豊雄

ちなみにこの建築を設計したのは伊藤豊雄率いる伊藤豊雄設計事務所。この人の建築はなんか植物っぽい有機的な形が多いのが特徴でもあります。

メディアコスモス周辺のおすすめランチ

このメディアコスモスにはごはんを食べる場所はあるけど、食べるものを買う場所がローソンしかない。ぼくはここで今回はおにぎりを食べたけど、せっかくの家族の休日だし、少しだけおすすめのランチが食べれる場所を紹介する。

メディアコスモス 駐車場・アクセス

最後にぼくは中をすべて見て回って少しゆったりしたら2時間くらいあっとゆうまに過ぎた。それで駐車料金は500円。電車でくるならいいけど、少し早く来て楽しんでランチ前には出る方がお金的にはいいかもしれない。

■住所

〒500-8076 岐阜県岐阜市司町40番地5

■最寄り駅

JR岐阜駅・名鉄岐阜駅(徒歩約25分・バス約5分)

■駐車料金

約300台(30分/100円)

 

おわりに

メディアコスモスに行って、休日に本を読むなんてのもいいなって初めて思った。そんでもって家の近くに出来たらいいなって思う。

おしまい

ABOUT ME
しばたまる
設計とブログをする建築学生。牛乳とコロッケが好きです。