ポートフォリオ

やっぱり見たい!日本の建築学生のポートフォリオ作品まとめ

こんな方に読んでほしい記事

  • 日本の建築学生のポートフォリオを見たい方
  • より多くのポートフォリオに触れたい方
  • ポートフォリオ作成前に感覚をつかみたい方

スマホで見る方は横向きでないとポートフォリオを確認できません

どうも、しばたまるです!
建築学生の皆さんが一度は通る大きな壁、、、

それこそが「ポートフォリオ」制作!

以前は数あるポートフォリオの中からタイプ別良質なポートフォリオを紹介しました。
これを見れば大体自分に合ったテイストを見つけることが出来ると思います!

pickup

建築学生がパクりたくなるポートフォリオ作品7選

そして海外の優良なポートフォリオやインテリア系のポートフォリオもご紹介しました!

pickup

建築学生が憧れる海外ポートフォリオ作品10選

インテリア志望の建築学生が参考にしたいポートフォリオ10選

そして今回は、
やっぱり見ておきたい日本の建築学生のポートフォリオです。

やっぱり海外の学生のポートフォリオと日本のポートフォリオではどことなく雰囲気や感じるモノが違います。

日本の建築学生のポートフォリオをイッキ見して自分の肌で感じていってみてくださいね!

縦使いで余白を活かしたポートフォリオ

TAKA KIITO

無駄なことは語らずに十分に余白を活かしたポートフォリオです。

「読む」ではなく、「見る」を意識していることが分かりますね!

見開きをうまく使ったポートフォリオ

YUHI OHYANAGI

正方形の用紙を活かしてレイアウトしてあるポートフォリオです。

正方形という珍しい形体にすることでレイアウトそのものが他の人と差別化できるので自分にあったサイズを見つけるといいと思います。

印象強く充実感溢れるポートフォリオ

Akitaka Yoshimura

パースの印象を最大源発揮しているポートフォリオです。

通常余白に頼りすぎている建築学生のポートフォリオも多い中で、
群を抜いて作品と余白とのバランスが絶妙なとこ、

作品のクオリティ一つ一つもさることながら、
見せる部分を思い切って見せながら、

説明する部分はしっかり説明している所は誰もがお手本にしたいところです。

初心者が真似しやすいポートフォリオ

Ryosuke Mitake

初心者がまずトライしやすいポートフォリオです。

情報量は少なく、サラッと内容を確認できます。
ですが、抑えるべき所は抑えているのでまずはココを目指しましょう!

誓約で魅せるテクニシャンポートフォリオ

Hiromichi Kamiya

あえてレイアウトに誓約をつけることで魅せるポートフォリオです。

実際にレイアウトを見てみるとページの境界をまたいだパースや写真をあえて分断することで色やぐあラフィックを入れることなく自分のテイストを構築しています!

 余白と作品で緩急をつけるポートフォリオ

Takashi Owada

余白と作品で緩急をつけているポートフォリオです。

見開きの密度のバランスを一方に偏らせることで緩急が月最後まで飽きずに見られる工夫が施してあります!

 基本テクニックが全部詰まったポートフォリオ

Shun Tsurugaya

作品1つ1つにカラーやイメージを割り当ててそれを見事に割り当てているポートフォリオです。

誰でも真似したいエッセンスが全部詰まっています。

  1. 自己紹介
  2. 自分の歴史
  3. 設計への意識
  4. 目次
  5. 作品
  6. 目次

のキレイな流れに注目してぜひ参考にしてほしいです。

背景に印象づけてインパクトを付けたポートフォリオ

tomoya.maekawa

背景にインパクトを付けてポートフォリオにインパクトを持っています。
作品にどこかインパクトが足りないと感じた時に取り入れてみてもいいかもしれません。

最後に

どうでしたか?
日本の建築学生のポートフォリオは少し海外のモノとは違った味があります!

どちらがいいかは好みかもしれませんが、
同じ建築学生のポートフォリオを参考にしてぜひ自分のポートフォリオ制作に役立てて下さい。

 

ポートフォリオ作成前に読みたい本はコチラ↓

ABOUT ME
しばたまる
人間を家具にすることが趣味です。世の中は便利なモノで溢れてるので「無駄な家具」を考えてます。