雑記

“路地ってなんかいい”を考えるためにフォトドラマを設計してみた。

ぼくは路地が好きだったりする。

だからモールで見かけたショップのあの子や、エレベーターで一緒になったスーツ姿のあの子より路地裏に佇んでるあの子が好きだったりする。

 

けんちくは。しばたまるです。

“路地ってなんかいい”そう思うことが。すごくある。そこにいるだけでなんか小さなドラマにいるような感じがする。

例えば、この路地の写真。1人の女の子が写ってるでしょ。

そんでその子よ〜く見てるとさ。スマホを触ってる姿が友達を待ちながら連絡こないかなって切なくなってるように見えない?少なくともぼくには見える。たぶんこの後、ご飯でもいくのかな。

近くにいるお店に現地集合なんだけど入口にいるのは恥ずかしい。だからちょっぴりの体1つ分のスペースに落ち着いてる。寒い中でかかとを上げたり下げたりしながら…

と想像が膨らむ。

実は今回そんな路地ってなんかいいな~っていう感覚をもっと明確にしてみようと思って、自分の創造設計

 

ABOUT ME
しばたまる
設計とブログをする建築学生。牛乳とコロッケが好きです。