建築

二級建築士の資格が取れる大手の学校を比較!実際はどっちがベスト?

■この記事で分かること

二級建築士の資格をとることができる大手二社を比較した結果。

 

けんちくは。しばたまるです。

ここでは建築士の資格をとることができる日建学院総合資格学院を一挙に比較してみました。

 

ぼくも資格もってないからね。

自分なりにどっちがベストか考えてみたので君もそんなことを想像しながら聞いてくれると嬉しいです。

二級建築士の資格がとれる2つの学校以外にも

調べてみるとこんなに学校がありました。

  • 日建学院
  • 総合資格学院
  • 全日本建築士会
  • TAC

他にもあるかもしれないし、これら全て比較しようかと思ったけれど、

過去の合格実績・利用者数」等を考えるとやっぱり日建学院総合資格学院の2択になる。

だからその2つで考えていきます。

日建学院

■特徴

  • 映像学習での受講がメイン
  • 優秀なオリジナル教材

■料金

通信合格コース…税別100000円(学科試験+設計製図試験)

設計製図Webコース…税別130000円(設計製図試験)

まずは日建学院

映像授業メインの資格学校で合格率も学科は99.1%、設計製図試験は78.4%と高いです。

ただぼくもここの映像授業を受講した経験があるんですけど、ホームページでうたうほど分かりやすくはなかった。

というか映像も少し古めかしいし、市販のカメラを使ってちょっと映像を勉強した学生が編集してももっと分かりやすくなるのになって思いました。

でも、貰える教材は市販のものよりも数段わかりやすく丁寧だったので、実際は自習がちゃんとできる人なら良いかもなって思います。

またビデオ講義なので会社に通いながら自分の時間を見つけてスケジュールを組める点は良いと思いますし、

実際に受講した際は他の校舎でも受講になっていたりするので、外出ついでに途中の日建学院に寄って学習できるみたいなラフさは最高でした。

総合資格学院

■特徴

  • 対面指導…ライブ講義
  • 優秀なオリジナル教材

■料金

税別885,000円(学科試験+設計製図試験)

次は総合資格学院

めづらしくライブ授業・直接授業をメインにやっている資格学校。

製図部門に関しては平成30年でもっとも合格者を出したのがここみたい。

直接講義なので値段も数段高いですが、直接授業を受けるというスタイルで学習したいならここ一択になると思います。

ですが、値段が高いので不合格だった場合のリスクが高いですし、直接授業なので映像講義のように統一したクオリティの授業とは限りません。

その場所の講師に左右されるし、日程もビデオ講義のように自分で決めることが出来ない。仕事が忙しい時にカリキュラムが会いづらくしんどいことになりかねない場合もあるでしょう。

スケジュールを建てれる人は日建、サボる人は総合資格。

ぼく的にはスケジュール管理能力がしっかりしていて、勉強もある程度、個人で進められる人は日建学院。

サボりぐせがあって、パソコンの前にして授業を聞いた暁には確実に寝るタイプは総合資格学院かなと思います。

二級建築士の資格が独学でもとれるのか?

「まぁ二級建築士だし、独学でも行けるっしょ」そう思ってる人も少なくないと思います。

二級建築士を独学で取っている人はいるのは事実です。

今はメルカリとかで資格の学校教材とかも転がってたりするので、

どうしても独学で勉強したいなら有能な教材を手に入れるために頭を使ってみてもいいかもしれません。

おわりに

はい。ということで今回は

日建学院総合資格学院を比較してたらたらと考えてみました。

個人的には一度日建学院で失敗したので次は総合資格でも受けようかなって思ってます。予定を決めてもらわないと辛いタイプなので。

 

その後、もう一回書き直そうかな。

おしまい

»一級建築士と二級建築士の違いは?

»建築に関係する資格をやさしく紹介

ABOUT ME
しばたまる
設計とブログをする建築学生。牛乳とコロッケが好きです。