建築

【設計事務所への集客法】広告宣伝の悩みをまるっと解決します。

■この記事で分かること

【設計事務所向け】集客の悩みを解決するための手法を具体的に紹介。

 

設計事務所紹介サイトに集客を任せて集客を放棄していませんか?

けんちくは、しばたまるです。

 

このご時世、新規顧客を獲得するために集客をするのは当たり前。

ちょっと専門的ではありますが、

SNSを使ったり、SEO対策やMEO対策・リスティング広告・PR依頼などなど、

考えられる手段はぼくが思い当たるだけで10はあります。

 

ただ建築業界に限ってはほとんどの事務所が紹介サイトに登録してるだけだったり、

ようやくInstagramに登録したかと思ったらなんとなく発信しているだけだったりします。(せめて自分たちの集客に有効なハッシュタグのリサーチはしないと…)

 

いやぁ…ほんとにもったいない…もったいなすぎる!!

 

ぼく(しばたまる)は今、個人でデザインやディレクション業を行いながらWebマーケティングで一部生計を建ててるんですけど、それも全て3年後に自身の設計事務所を持つための準備です。

つまり、事務所にただの設計者としてではなく、

設計が分かり、建築的知識のあるマーケティング分野の専門家として設計者と組んで独立するために動いています。

 

だから、この事務所ぼくが入ったら絶対年間の設計数をマーケティング力で倍にできるのに…って思うこと

 

今回は今設計事務所が新規顧客を開拓するためにできる超現代的な方法をまるっと紹介したいと思います。

ぼく自身、このBlogは月80000回ほど見られてるし、TwitterやYouTubeもやってます。将来は設計事務所を運営するのが夢で大学院の頃からその準備のためにこのブログを作ってWebマーケティングを個人事業で行いながらYouTubeなどの動画メディア、TwitterなどのSNSもやっています。

ただ正直、ぼくが独立する予定の3年後は世の中のマーケティング方法がまた新しくなると思うのでここに全部残しておきます。

 

この方法も古くなる

建築には直接関係してはないけど、今最も必要な知識を勉強してました。

そして今大学院を卒業してフリーランスになったので3年目に突入したところでしょうか。

建築を離れ、WebマーケティングやSNSを2年ほど勉強

設計事務所紹介サイトでの集客は期待できない

設計事務所紹介サイトがもうここ数年機能してない…という声を事務所さんからいただきます。

実際にほんとにそうでここ数年間で設計事務所を探す際に一般ユーザーが取る行動パターンが変化しつつあるんです。

実際は大きく2つに集中していて、

・「地域名+設計事務所・工務店」と検索

・Instagramの投稿をハッシュタグで検索

これらの検索方法で訪れたユーザーに対して「いかにアプローチをかけられるか」が重要になってきています。

設計事務所への集客に使えるテクニックを紹介

  • SEO対策
  • MEO対策
  • リスティング広告
  • Instagramで集客
  • Twitterで集客
  • YouTubeで集客
  • 第三者にPR依頼〔Blog・YouTube〕

SEO対策

まずはSEO対策。

SEO対策はネットで検索する際にユーザーが自分たちのページに来やすいように対策をすることです。

例えば、ネットで「東京 設計事務所」と検索する時に

MEO対策

次はMEO対策。

 

Instagramでの集客

次はInstagramでの集客方法。

これはじs

リスティング広告

次はリスティング広告。

これは指定の検索ワードで上位に表示されるように

PR依頼【Blog・YouTube】

 

その中でもInstagramとMEO対策はコスパが良い

正直、ここまで色々紹介してきたんですけど、その中でまずやるならMEO対策とInstagramです。

理由は単純でMEO対策の場合はSEO対策をするよりもコストがかからないし、依頼する際に成果報酬制。上位にランクインしなければ