テックキャンプ

【成果倍増】TECH::CAMP(テックキャンプ) 受講前にやらなければならないたった一つのこと。

どうも、柴田です。

テックキャンプのVRコースを今年の8月に受講したのですが、

そこで、一か月でプログラミングを学び成果を出している人と成果が出てない人には決定的な一つの差があることに気づきました。

 

なので、テックキャンプで自分の望む成果を出すために受講前やっておきたいたった一つのことをご紹介します。

 

テックキャンプは最近大幅なシステム変更があったのですが、

テックキャンプ変更内容はコチラ

 

以前よりこれから書く事に重点を置かなければ成果を得られずに終わってしまうことになると思います。

 

逆に、これだけ気を付ければ、あなたの望んだ成果以上のものを手に入れられると思います。

 

それは、、、

 

「やることを決める」のではなく、「やらないことを決める」

テックキャンプのようなプログラミングスクールに通うことを検討する人は、

少なくとも、「今の自分を変えたい」とか「これが出来るようになりたい」など意欲のある人が多いと思います。

 

その際、受講を始めてすぐは一日に10時間以上を目標に取り組んだり、睡眠時間を削って取り組んだり自分を追い込んで学ぼうとします。

確かに、

今までのテックキャンプは短期集中型学習スタイルだったので、一か月に集中することが成果を上げるのに効果的だったかもしれません。

レビュー記事などを読んでも、

「一日に○○時間はやらないと」だとか、

「ホントにすべて捧げないと成果が得られない」だとか書いてありますし、

僕自身も受講期間中はほぼすべての時間をテックキャンプに捧げました。

 

ですが、

月額制どの分野も学び放題に変更した今、

以前までの受講の仕方とは異なる心構えで受講しないと成果が得られにくくなります。

まず、第一に、どの分野をやらないかを決めてください

これだけの分野を自分のやりたいことを明確にして、うまく主主選択するのは、

プログラミング初心者にはほぼ不可能に近いと思います。

 

以前までであれば、

一つのジャンルのみしか受けられなかったため毎回同じジャンルを学習すればよかったですが、

 

まず、自分にとって必要のないものは学ばないように切り捨てる心構えをしておいてください。

 

第二に「日々の生活」でもやらないことを決めましょう。

 

例えば、ゲームやyoutube、また、他の勉強時間などなんでもいいので、普段から日常的にある行為を少しづつ減らす意識を持ちましょう。

 

理由は、普段の自分生活にある時間がプログラミングを学習する時間に置き換わる時に、

一か月などの短期間であれば、我慢で何とかなるものなのですが、

継続するとなると、無理な時間の確保は後々に響いてきます。

なので、

 

「テックキャンプのために大幅な時間を割く」という考え方ではなく、

「普段のやっている習慣の時間」を少しづつ減らすことを考えましょう。

 

そうすると、自然に余った時間がテックキャンプに流れていきます。

 

実際にどんな分野を学ぶ際も、無理に時間を作ったりするより、

何をやらないか決める方が、精神的な余裕が出来て継続学習に繋がります。

 

ぜひ、受講を検討している方は、

「何をやろう」と考える前に、「何をやらないか」また、「何を減らせるか」を考えてみてください。

 

きっと成果に大きな差がでるはずです。

 

ABOUT ME
しばたまる
人間を家具にすることが趣味です。世の中は便利なモノで溢れてるので「無駄な家具」を考えてます。