建築

【動画アリ】養老天命反転地、インスタ映えと話題の施設を建築家が解説。

ども、運動不足のしばたまるです。

岐阜県にある養老天命反転地という場所に行ってきました。

養老天命反転地【動画解説】

養老天命反転地とはアーティスト荒川修作と詩人のマドリン・ギンズが30年以上にわたる構想を形にした体験型アート作品(庭園)で、

「人間は産まれながらにして死に向かう」という天命を覆そうという考えのもと、本来眠る本能や五感を目覚めさせるために設計された施設。

養老天命反転地での感想

ここに来ると体の感覚がいかになまってるか痛感するし、自分の身体感覚を不思議なアート作品で体系できる体験は貴重だなって感じた。岐阜に行くなら養老の滝を見る次いでに一度は来た方がいいなって思う。狭い場所やくらい場所、危うい場所もあるしデートだったら急接近するかも。

養老天命反転地での注意

なんか施設全体がゲームの中のステージみたいだし、急な坂や滑る床がたくさん。普段使ってない筋肉も使う。だから子供はもちろんだけど運動不足の大人なら怪我するかも。だから施設でヘルメットを貸してもらって安全に楽しむことがおすすめ。

養老天命反転地のアクセス・駐車場

場所   岐阜県養老郡養老町高林1298-2 

設計   荒川修作 マドリン・ギンズ

用途   庭園

最寄り駅 養老駅

見学時間 9:00~17:00

利用金額 大人720円 高校生 500円 小中高生 300円

ABOUT ME
しばたまる
設計とブログをする建築学生。牛乳とコロッケが好きです。