家具

サメの未知なる可愛さを家具「照明」にしてみたよ

どもども、しばたまるです。

今回はお知り合いのサメ好きブロガーサメ好きブロガー「さめはだ舞子」を家具にしちゃおうと思います。

さめはだ舞子さん

さめはだ舞子

さめはだ舞子さんはブログ『さめって参る!』を運営している方で、アイコンをサメにするほどサメ好き!すっ入ってくる美しい文章を書く方なので、個人的には非常に学ぶことが多い方です。

 

 

そんなさめはだ舞子さんを家具にしようと奮闘すること5分…

 

 

 

 

あっ

 

 

 

 

サメ家具作ろう。

 

 

 

 

ということで、じゃん。

その名も、サメライト

その名も、サメライト

今回はサメが好きで好きでたまらない人のためのデスクライトを考えてみました。

 

コンセプト「おはようからおやすみまで」

今回提案する「サメライト」のコンセプトは「おはようからおやすみまで」サメさんに見守られる家具なんです。

 

サメライトの二つの使い方

サメライトには二つの使い方があります。

 

おはようモード

一つ目はおはようモード!

背びれを支えにしてサメライトを立てることで机全体を照らしてくれるライトになり、ガバッっと開けたサメさんの口があなたのデスクワークを見守ります。

 

おやすみモード

二つ目はおやすみモード!

背びれが上に来るようにすることでささやかに部屋を照らしてくれるライトになり、サメさんのつぶらな瞳から漏れ出す灯りであなたの部屋をささやかに照らすことでしょう。

 

「サメライト」で意識したこと

今回のサメ家具制作で意識したことはサメの可愛さを家具に落とし込むことです。

さめはだ舞子さんから家具を考えた時、やはりサメを知らずして家具は作れないと思ってサメをじっくりを考察しました。

すると見えてきたのが、サメの可愛さ。

ぼくの今までのサメのイメージはやはり凶暴で怖いイメージ!なかなかサメをかわいいとは思えなかったんですが、実際観察すると案外つぶらな瞳をしていて可愛さもあるんですよね。性格も凶暴じゃなくて臆病だったりするみたいなんです。

なので、今回はいつもフォーカスを当てられるサメの歯を家具に反映せずにサメの未知なる可愛さを見せるようにデザインしてみました。

普段気づかないサメの可愛さに気づいちゃえるような家具になればな~と思います。

今回のしばたまるの提案

ということで今回は、

「おはようからおやすみまで」サメに見守られて、サメの未知なる可愛さに気づける家具、

「サメライト」を提案しました。

 

 

ABOUT ME
しばたまる
人間を家具にすることが趣味です。世の中は便利なモノで溢れてるので「無駄な家具」を考えてます。