▲設計志望の学生さんは行ってみて!▲

建築学生がパクりたくなるポートフォリオ作品7選〔就活・転職〕

けんちくは、しばたまるです。

今回はisuuuにあるポートフォリオの中から厳選した7作品作り方を紹介。

・参考になるポートフォリオを探してる
・ポートフォリオはどうやって作るの?

しばたまる
 こんな質問に答える記事だよ◎

建築学生には、就職活動前までに行わなければならない大きな壁がある…

それは「ポートフォリオ」制作!!

 

もちろん転職活動でも、その重要性は変わらないし、この問題は一生つきまとう。

 

ポートフォリオは学生生活…いや

設計生活の集大成とも言える自分説明書になる。

 

この記事を読んでいるってことは、

ポートフォリオの作成時期が迫り、焦りを感じるよね?

  • 1からポートフォリオの構成を考える時間がない…
  • 参考になるポートフォリオを探すのもめんどい…

今回はそんな君に、テイスト別にポートフォリオサイトの中から厳選した7作品や作り方をご紹介したいと思います。

しばたまる
自分の作品イメージに近いポートフォリオを見つけてパクって参考にしてみて◎

ばば
ポートフォリオ制作に役立つアイテムも配布してるよ!

内容:添景セット、ポートフォリオ、エントリーシート等

おすすめ建築ポートフォリオ7選

まずは建築学生におすすめしたいポートフォリオ7選を数ある中から厳選してタイプ別に紹介します。

  • これぞ見本!優等生デザイン
  • シンプルなA3縦使いのデザイン
  • フォマットが完璧!伝わるデザイン
  • 作品多様性が光るデザイン
  • 横使いを活かしたデザイン
  • 学生が真似しやすいデザイン
  • 女性の魅力!やさしさ溢れるデザイン

しばたまる
それでは1つ1つ見ていくね◎

これぞ見本!優等生デザイン

 

使用しているカラーをグリーンで統一して作品に視点が行くようにレイアウトされています。

見やすさやクオリティも満点な優等生のポートフォリオです。

A4でデザインしたいあなたはまず真似してほしい!

✓こんな人にオススメ

    • 作品の規模が大きくCGに自信がある
    • ゼネコンや組織設計志望
    • しっかり者な印象を与えたい

シンプルなA3縦使いのデザイン

 

入れる情報は最低限に厳選してシンプルに余白を生かし切ったセンス溢れるポートフォリオです。

A3の大きさで余白を出しながらレイアウトしているポートフォリオは中々珍しい。

 

作品一つ一つのクオリティがものすごく高いので、

あえて文字を入れないことでポートフォリオでしっかり存在感を放ってますね!

✓こんな人にオススメ

      • 作品の多くを語りたくない
      • 余白のあるデザインが好み
      • センスの高いアトリエ志望

    フォーマットが完璧!伝わるデザイン

     

    自分の取り組んだ作品の時系列や作品の特徴、自分のポリシーを見事にまとめ切っているとにかくわかりやすくポートフォリオです。

    ポートフォリオには必要な知識がすべて詰まっているので、まずこのポートフォリオのフォーマットを参考にするといいと思います。

    ✓こんな人にオススメ

          • とにかくわかりやすさを追求したい
          • アトリエでも組織設計、両方に対応したい

    ボリューム大。作品多様性が光るデザイン

     

    レイアウトの為にレイアウトするというより、とにかく作品をたくさん込めてあるポートフォリオです。

     

    作品が多いので、

    余計なデザインや色はありません。

     

    作品を膨大に魅せることで自分の色が示せています。

     

    ポートフォリオを作る前に毎回作品をこのようにまとめておくと、

    作品制作時期に一気に取り掛からなくていいので、

    1つ1つの作品を上のポートフォリオのようにまとめておくと、

    就活や急なインターン・オープンデスクに対応できるのでまずはここから始めましょう!

    ✓こんな人にオススメ

    • 今までの作品をとにかくまとめておきたい
    • 就活・インターン前に準備をしておきたい

    横使いのレイアウトを活かしたデザイン

     

    横レイアウトを完全に生かし切ったレイアウトで飽きさせないポートフォリオです。

    横長のレイアウトをただ均一に並べるのではなく、

    作品に応じてポートフォリオの余白の活かし方が違うので、

    横長でレイアウトしてポートフォリオを制作したい建築学生にはぜひオススメしたいポートフォリオです。

    ✓こんな人にオススメ

    • 横レイアウトで生きる作品・パースが多い
    • ダイナミックなポートフォリオが好み

    学生が真似しやすい。キレイめデザイン

    Ryosuke Mitake

    初めてポートフォリオ制作に挑戦する建築学生がまず、押さえたいポイントをしっかり押さえてある。

    初心者が真似しやすいポートフォリオです。

    大学3年でハウスメーカーのインターン志望のあなたはまずこれをパクることから始めましょう!

    ✓こんな人にオススメ

    • 横レイアウトで生きる作品・パースが多い
    • ダイナミックなポートフォリオが好み

    横使い&余白でインパクトを出してるポートフォリオ

    YUTA TANAKA

    余白を利用して作品全体にインパクトを与えているレイアウトしてあるポートフォリオです。

    レイアウト次第でそのものの印象を大きく変えられるので自分の作品に印象的に見せることが出来ます。

    このポートフォリオを制作した田中さんは竹中工務店の設計部で、個人でスタジオもやられている方。実際にポートフォリオ制作について取材もしてみたので、動画も見てみてくださいね!

     

    ▼就活用ポートフォリオpdfが欲しい方はこちら▼

    その他の建築ポートフォリオまとめ

    ここからはその他に面白いと思ったポートフォリオをまとめて置きます。

    自分の理想のポートフォリオを見つけるためにも、

    じっくり見ていって下さいね!

     

    グラフィックなデザインがかっこいい一冊!

     

     

    作品と密度がとにかくヤバい一冊!

     

     

    余白とインパクトのバランスが良い一冊!

     

     

    横レイアウトが縦横無尽な一冊!

    これらの良いポートフォリオに共通する2つのポイント

    これらの良質なポートフォリオには2つのポイントがあります。

    • 内容がひと目で分かる構成をとる
    • 自分自身の強みを表現する

    1つ1つ見ていこう!

    ポートフォリオの内容がひと目で分かる構成をとる

    1つ目はポートフォリオの内容をひと目で分かるようにすることです。

     

    自分の作品と向き合いながら構成を考えていくのですが、

    100作品ほどのポートフォリオを見てきた中で定番の構成(フォーマット)はこのようになっていました。

    ~ポートフォリオ定番フォーマット~

    1. 自己紹介(スキル)
    2. 作品コンセプト
    3. 作品制作の歴史
    4. ポートフォリオの目次
    5. 作品
    6. あとがき

      簡単に流れを見ていくね!

      ①自己紹介(スキル)-2p-

      まず最初は自分自身の紹介を載せます。

      自分のスキルや賞歴、自分の取り組んだことなど軽く触れていることが多いです。

       

      ②作品のコンセプト-1p-

      次に自分が作品制作(建築を設計)で何を心がけているかコンセプト仕立てで表現しています。

      上手いポートフォリオは完結に一言でまとめてから作品にバトンタッチしています。

       

      ③作品制作の歴史-1~2p-

      次にどんな時期にどの作品に取り組んでいたかをまとめましょう。

      時系列でコンペ作品、課題作品、ゼミ活動、課外活動などが整理されているとあなたのヒストリーが伝わります。

       

      ④ポートフォリオの目次-1~2p-

      これから紹介する作品の流れが分かるように作品をまとめて目次を作ります。

      作品の特徴や掲載するページなどスムーズに見れるようにまとめます。

       

      ⑤作品-5~8+30~50-

      自分の作品をレイアウトを決めてから作品を並べていきます。

      就活では説明できる時間が限られるため、

      • 自身のある3作品(5~8p)
      • その他10作品(見開き2p)

      に分けて、

       

      ポートフォリオ冒頭に自身のある作品をボリューム多めで持ってきて、

      後半は作品のコンセプトと図面パースで見開きに端的にまとめるようにすることをおすすめします。

       

      ⑥あとがき-1~2p-

      建築以外の課外活動や自分でとった写真をのせている人などさまざま。

      ここでたまりにたまった鬱憤を晴らす人が多い。

       

       

      ざっとこんな感じです。

      自分の作品に合わせてこの構成からマイナーチェンジして、

      オリジナリティのあるポートフォリオを目指してみるのもいいと思います。

      まずは構成からパクってみよう!

      自分自身の強みをポートフォリオに表現

      2つ目のポイントは自分自身の強みが表現されていることです。

      CGが得意なのであればそのCG力を見せるために規模感の大きい建築を揃えて見せていたり、

      マルチな設計能力が強みなのであればレイアウトを工夫して自分の能力がわかるように作品のカラーを決めて表現したりなど、

      自分の強みに合わせて表現方法をしっかり変えています。

       

      なので自分の強みをうまく表現できているポートフォリオからは自然にその人のストーリーを感じれます。

      何度も修正を加えて沢山の人に見せてトライ&エラーで修正していきましょう。

      徐々にストーリーを感じられるポートフォリオになっていくはず。

       

      自己分析にはグットポイント診断というツールを使うと良いです。

      ◎グットポイント診断の内容

      • 一問一答の4択形式
      • 質問は約300問
      • 所要時間は20分程度

      就職・転職者におすすめの自己分析法

      ここまでで、自己分析が重要なのは分かってくれたかと思うので、

      すぐに実践したい自己分析ツールを紹介します。

       

      それが

      一言で説明すると無料でできる自己分析のサービス

       

      人の強みって大まかには18種類存在するって言われてて、

      この診断ではその中から自分に当てはまる強みを5つピックアップして詳しく解説してくれる。

      ◎グットポイント診断の内容

      • 一問一答の4択形式
      • 質問は約300問
      • 所要時間は20分程度

      診断方法は4択で、

      出題された300問くらいの質問に答えていくスタイル。

       

      就活や転職に強いリクナビが転職者向けに無料で提供してるもので、

      とてつもないボリュームでなおかつ、明確に自分の強みを診断してくれるサービスは他にないので就活生にもおすすめ。

       

      もちろんぼくもやってみました。

      ▼診断結果▼

       

       

      やる前は名前が超絶にダサいから心配だったけど、

      無料の割にめっちゃ良かったし、すごい当てはまることが多い。

       

      とりえあえず、就活生はみんなやってる自己分析を30分で終わらせられるのは忙しい建築学生にはコスパ最強だなって思います。

       

      そして客観的な強みを把握した上で自分のポートフォリオを使ってどうやって自分を売り込むか考えてみてほしい。

      そしてこれからポートフォリオを作るなら、まずは診断を受けてその結果から自分をどう売り込むかを前提としてレイアウトを組んでみてください。

      ※後回しにするとぼくなら絶対にやらない。だから今やっちゃってください。

      \グットポイント診断はこちら/

      ※グットポイント診断を受けるページに飛びます

      ポートフォリオ制作に役立つデータを配布中

      ということでパクりたくなるポートフォリオ作品を紹介しました。

      ポートフォリオ制作に役立つ添景やポートフォリオ資料、エントリーシートの見本は公式LINEから配布してます。

      ばば
      LINEを追加すると自動でリンクが届くよ!

      内容:添景セット、ポートフォリオ、エントリーシート等

      建築学生からフリーランスになった独立体験談

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      就職活動を始める上で、必要な知識は下の記事を読んでください。 

      参考:建築学科の就職先から就活事情までを6年間在籍したぼくが暴露したい。

      また独立してから3年間のロードマップや収入推移、生計を立てる為に実践した施策などの記録noteにまとめています◎

      • 3年で1276万円稼いだ道のりと月収推移
      • 独立して感じた建築卒に相性の良い事業
      • 自分が建築学生ならどうやって独立するか

      など全てを赤裸々に語った記録になっています。

      まずは下の動画をご覧ください!

      ▼僕がフリーランス生活3年で合計1276万円稼いだ全記録へ

      おすすめの記事