建築

建築学生は大学院に行くべきか?ガチなリアル話をぶっちぇけます。

大学院卒の人に「大学院にいって良かったか?」と聞くと高い確率で行って良かったと答えます。

それは当然かもしれないけど、自分が経験したことを「しない方がよかった」と答えれる人って少ないですよね。ぼくもあまり会ったことがありません。

こんにちは。3月に大学院を卒業するしばたまるです。(2019年)

今回の記事では「建築学生は大学院に行くべきか?」迷っている方向けにぼくが伝えられることをギュッとお届け。

最初に行っておくとぼくは大学院に行って良かったと思っています。でも正直、「人生について考える時間がたくさんできたから」とか割とありきたりな理由になってしまうんですよね。なので今回はぼくの経験談というよりは純粋に建築学生が大学院へ進学するメリットというかリアルな実態を聞いて下さい。

▼建築学生の副業の始め方▼

【建築向けの副業の始め方】在宅で月5万稼ぐならクラウドソーシングどもども、建築系フリーランスのしばたまるです。 今回は副業を始めるためにおすすめのクラウドソーシングや稼げる案件までを紹介します。...

とりあえずでも建築学生が大学院に行くとこんなメリットがある

まず最初にどんな大学院でも卒業すれば得られるをメリットをお話します。

  • 給料が上がる可能性がある
  • 就職できる幅がある程度広がる

それでは1つ1つ紹介していきますね!

【建築学生が大学院に行くと】給料が上がる可能性がある。

まずは就職後の給料が大学卒よりも1~2万以上高くなります。

もちろん企業によりますし、実力を見て…という場合もありますがそれは希。割とみんなが口をそろえて入りたい建築系の企業はそんな感じです。

なのでとりあえず大学院で2年間過ごせば、卒業後の基本給が学部卒より上がると思っておいてOKです。

 

また大学院卒だと「あなたは院卒だからもちろんできるんでしょ?」みたいなプレッシャーをかけられることも覚悟をしておくべきかもしれません。しかも、まじめに2年多く勉強していても、現場仕事(施工管理)の多い職種の場合は大学院に行ったことが役に立つワケではないのでしんどかったりします。

ちなみに、アトリエ等の個人の設計事務所に就職を希望する場合はどんな新卒よりも給料は低いし、大学院卒とかも関係ないのでそのつもりでいておいてくださいね。

【建築学生が大学院に行くと】就職できる幅がある程度広がる

また就職できる可能性のある企業の幅が少し増えます。

絶対とは言いませんが、ゼネコンや組織設計事務所の設計部に就職を希望するのであれば大学院に行くのは必須かもしれません。

もちろん大学院に行けば就活が自動的に有利になるワケではなく、大学院に行く2年間で作品や手がけたプロジェクトを増やせば、必然的にポートフォリオに差がつくので学部生と差がつくから有利になるという感覚の方が正しいです(意匠系の場合)。

感覚的ですが「優秀な学部卒」と「そんなに優秀でなくとも作品多い大学院卒」だと大学院卒の方が有利かもしれないな~てな感じですね。

 

ぼくは意匠系なので構造系や環境系のことはよく知りませんが、作品という概念があまりない研究ベースの構造・環境分野の方は学部でも割と就職先の幅が広いので意匠系の方が大学院進学へのメリットを体感できると思います。

ちなみに学部卒でも大手のハウスメーカーの設計部には就職できますよ。(インターンに参加してそれなりに頑張れば)

こんな建築学生は大学院へ行くべきだ

それではここからはこんな人は大学院に行くべきだ!!というケースを2つ紹介します。

  • 大手の設計部に就職を希望する場合
  • 研究したいジャンル・分野がある場合

それでは1つ1つ説明していきますね!

大手ゼネコン・組織設計事務所の設計部に就職を希望する場合

まず、大手ゼネコン・組織設計事務所に就職したい場合は大学院に行くべきです。

というか現状就職できている人が大学院生ばかりですし、大学院生の中でも受賞歴が豊富で作品(建築)のテイストや内容が就職先にマッチしているかつ、インターンに参加してある程度面識を事前に作っている人でないと入るのが難しいです。

基本的にとんでもない功績を学部時代に残している超希なエリート以外はしっかり大学院生活で結果を出しながら準備をする必要があります。ポートフォリオも大学院に行った優秀な人でも半年くらい準備して作り上げているので…大手を狙うなら絶対ですね。

研究したいジャンル・分野がある場合

また純粋に2年間かけて研究したいことがあるなら大学院へ行くべきです。

大学院生活は論文(研究)に使う時間がすごく多い。なので研究したいことがないのに大学院に進学するとホントに後悔します。ぼくは2年間論文が憂鬱でしょうがなかった…。相当ストレスになるので研究したいかどうか胸に手を当てて考えて下さい。

なんとなく、大学院にいって失敗する建築学生の典型的なパターンを紹介

最後になんとなく大学院に行って失敗するパターンの人もいたりするので、軽く紹介しておきますね。

  • 何となく留学するパターン
  • 研究室の奴隷になって終わるパターン

それでは1つ1つ説明していきますね!

何となく留学するパターン

なぜだか分かりませんが、大学院に進学して逃げの留学に陥るパターンがあります。今は海外留学用の奨学金制度も整っているので奨学金を使えば、金銭面では何とかなるかもしれません。でも、ふわっと行ってふわっと帰ってくる人も結構いるし、ヤバい留年しそう!!ってタイミングで休学ついでに留学する人もいます。

もちろん明確な目的をもって留学する人もいるし、様々ですが、進学中に逃げの留学をするパターンの人がいることは頭に入れておくといいと思います。

研究室の奴隷になって終わるパターン

大学院生の仕事は授業や論文だけではありません。所属する研究室では古参になるので、教授の手伝いやゼミ全体で請け負うプロジェクトのリーダーになっていくのが定石です。

教授の中には自分の持っている設計事務所のお仕事の手伝いを大学院生にさせたり、結構都合よく使われる場合があり、要領が良くないと就活のためのポートフォリオ作りや作品作りが出来なかったり、ゼミが忙しいという理由で行きたいインターンに行けなかったりする場合があります。

もちろん所属する大学にもよりますが、自分の時間を取るためには少々ワガママになる必要があることは確かですし、事前に時間の取れる研究室であるかどうかをしっかりリサーチすることが重要です。性格の良い人は抱え込んでしまうので注意してください。

おわりに

はい。ざっとこんな感じです。

正直な所、進みたい大学院や入りたい研究室によって随分と毛色が変わってきます。大学のようにでかい教室で大人数で授業ってわけでもないですし、ホントに所属する場所によって違うのでまずは進みたい大学のリサーチを徹底的にすることが先決です。

もちろんぼくも見学するために色んな教授に連絡したり、先輩に話を聞きに行ったり、進みたい大学院の資料を並べてにらめっこもしました。

 

今回この記事にたどり着いたのも何かの縁。

もし、まだ大学院受験の準備をしていないのであれば、最初に行きたい大学院をリストアップして資料請求や願書の取り寄せだけでも済ませておくことから始めましょう。

というか大学4年って卒制や卒論で忙しくて院受験の準備が遅れがちになります。思い立ったら吉日。

院受験をするなら4月か5月には研究室訪問もしなければいけないし、TOEICだってやらなければいけません。後回しにすると後でヒーヒー言うのは自分です(自戒)。

なので、めんどくさい資料請求や願書取り寄せを電車内でスマホを見てたり、自体でネットを見ている今この瞬間にやってしまってください!!

最後に大学の資料をまとめて集められるサイトのリンクを張っておきます。

 

ここまでしたんだから、

院受験の準備を始めるんだぞ!!

 

 »マイナビ進学の公式ホームページへ

※ぼく自身、準備不足で第一志望の大学院に行けなかったのであなたは後悔しないようにお早めに

おしまい

 

PS.本当に「建築学生が大学院に行くべきか」を悩んでいるのであれば、大学院へ行かずして自分の理想に近い働き方をしている人を探す方が選択肢が広がるかもしれません。

▼建築学生おすすめの稼ぎ方ランキング▼

コスパ順!建築学生のおすすめバイトとそれ以外の稼ぎ方ランキングこんにちは、しばたまるです。 建築学生って常に金欠じゃないですか。 課題中はバイトできないし… 建築見...
ABOUT ME
しばたまる
設計とブログをする建築学生。牛乳とコロッケが好きです。