建築学科についての記事

建築学科卒の就職先や就活事情を6年間在籍したぼくが暴露します。

ー疑問ー

Q:「建築学科卒の就職先ってどんなところがあるんだろう。就活事情についてもっと知りたいなぁ…」

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

・建築学科卒でなれる職種

・建築学科卒の就職先

・覚えておくといい求人サイト

ぼく自身(@yabaikagu)、大学・大学院の6年間、建築学科に在籍していました。卒業したのもつい最近(2019年)なので鮮度の高い話ができると思います。

そこで今回は「建築学科卒からなれる職種や就職先・覚えておくといい求人サイト」まで解説していきたいと思います。

結局、ぼくはフリーランスとして独立する選択をしたけど、もちろん最初から就職しない選択をしていたわけじゃなく、

調べたり、先輩に話を聞いたり、企業のイベントにも参加したことがあります。またYouTubeで取材したりしてるので、さまざまな職種の方からリアルな話を聞く機会も多いです。

その辺りの知見もここに残しておくので、ぜひ使ってやってください。

建築学科卒の主な就職先

まずは建築学科卒の主な職種から紹介。

・設計・デザイン職(など)

・構造設計職

・営業職

・施工管理職(現場監督)

・環境設計職

・公務員

・職人職

設計・デザイン職(など)

設計業の就活事情

最初は設計・デザイン職(など)

設計したり、デザインするお仕事です。

企業の設計部だけでなく、設計をやっていれば、自然にデザインも学ぶのでどんな業種(広告系とか)にも行くことが出来ます。今やデザインのない会社なんてないですから。

設計・デザイン職に行きたいなら研究室で意匠・計画を選ぶべきだし、在学中にデザインに向き合わないとダメですよ。

あと学生時代に培ったスキルや構成で就職の幅も大きく変わるので、その辺りの覚悟は必要です。

設計職の就活事情に詳しいプロにインタビューしたので就活前に必ず見てくださいね。

構造設計職

次に構造設計職

設計した建築が建つかどうか、また成立するように設計職のアイデアをリアルなデティールに落とし込むお仕事です。

設計職よりも大手に行きやすいし、アイデアベースの建築を実際のものにしていく仕事はやりがいも十分あります。

あと独立したら需要ありそうだなって思ったりもします。構造設計を請け負う専門の事務所もあるし、奥が深いです。

営業職

次に営業職

そのままですが営業をするお仕事です。

正直、建築学科卒という肩書だけで大手の営業とかにはサクッと入れると思います。もちろんしっかり就活すればではありますが。

でも最初から営業職を狙う人は学科でも少ないイメージがあるので、最初から営業を選択しなくてもいいかなと思います。

施工管理(現場監督)

次に施工管理(現場監督)

建物を建てるための現場管理などを行う仕事。

作られた設計案を現場の大工さんに指示したり何かと中間監理職的な立場でつらいと思います。構造設計や材料系の人の中には施工管理に行く人も多いかも。あとは給料が良いって理由で就職する人も多いかもな。ぼくの学校ではそうでした。

基本給は高いけど、実際は残業代がつかない分が基本給に含まれてたり、早朝から深夜までの仕事だったりと忙しいと思うし、辛くて転職する人も多いから向き不向きがあるかもです。

環境設計職

次に環境設計職

部屋の照明環境や空調環境や音環境を設計するお仕事。

エコとも関わりが深い職種だし、需要もあります。建築職の中では福利厚生が安定してる職種な気がしるし、ぼくの学校の中では学力が高い子はなぜか環境系に進んでいた気がしますかね。

建築系公務員職

次に建築系公務員

市や県に関する建築を買ったり、基準法に基づいて建てられた建物を審査したり、都市計画を考えたりする仕事。

福利厚生はもちろん手厚いし、一般の狭き門を潜り抜けて公務員になるよりも建築枠で公務員になる方がハードルは低いと思います。

仕事内容は建物を建てる際の住民への説明会とか開いたり、公共施設の安全管理など。

ただ公務員試験の勉強は受験のようにそれに特化した勉強をして試験を受ける感じなので、地道に努力ができるタイプにはおすすめかなと思います。

職人職

次に職人職。

建物を実際に建てる職業です。大工さんとか、鳶職さんとか、左官職人さんとか様々あります。

人で不足の業界なので、40代でも相当な若手と言わて、取材するとフリーランスで独立している職人さんも多く将来独立したり会社を作るには結構いいなってぼくは思います。

建築学科からそのまま職人になる人はあまりいないですが、逆に将来を考えると手に職をつけるのは狙い目なのではって感じです。

不動産職

次に不動産職。

建物や物件の取引を専門に扱う仕事です。建築学科以外からも行く人がいますが、建築学科からも割と行く人がいます。

不動産系に行きたいのであれば、在学中に宅地建物取引士の資格をとると良いです。不動産取引系の会社はこの資格を持っている人を一定数入れないとダメなので。

就職先をジャンル別で紹介

次にこれまでに紹介した職種につける就職先を含め、建築学科卒で考えられる就職先をジャンル別で紹介します。

もし行きたい職場が決まってなかったり悩んでるならこれを気に選択肢を増やしてくださいね。

一重に建築卒の就職先と言っても色々あるので。

ゼネコン・サブコン〔総合建設業〕

■説明

設計から施工までのすべてを請け負う会社。

■代表企業

大林組、大成建設、清水建設、鹿島建設、竹中工務店、長谷工コーポレーション、フジタ、五洋建設、前田建設工業、戸田建設、三井住友建設、西松建設、NIPPO

まずはゼネコン・サブコン(総合建設業)

でっかい建物の設計から施工まで全部1つでこなせる会社です。

大手5社はスーパーゼネコンって言われたりするから、その中の会社は聞いたことはあるんじゃないかなと思います。

ゼネコン志望の人はまず上のリストの中から検索して、自分が入りたいメ会社を見つけて見てくださいね。

ゼネコン・サブコンで就活するために必要な手順を下の記事にまとめてあるので設計部志望の人は読んでみてくださいね。

≫ ゼネコンの就職法|建築学生がとるべき就活準備を紹介

組織設計事務所

■説明

施工はせず、設計・監理のみ請け負う規模の大きい設計事務所。

■代表企業

日建設計、三菱地所設計、日本設計、久米設計、NTTファシリティーズ

次に組織設計事務所

こちらは規模の大きい建物の設計をする会社。

ゼネコンのように施工まで全部こなしますよって感じじゃないの会社ではなく、設計に特化した会社です。

組織設計事務所志望の人はまず上のリストの中から検索して自分が入りたい事務所を見つけてください。

こちらも就活するために必要な手順を下の記事にまとめてあるので設計部志望の人は読んでみてくださいね。

≫ 組織設計事務所の就職法|建築学生がとるべき就活準備を紹介

ハウスメーカー・住宅メーカー

■説明

住宅の設計・施工までを行う会社。

■代表企業

ミサワホーム、積水化学工業、積水ハウス、 三井ホーム、ダイワハウス、パナホーム、住友林業、飯田グループHD、旭化成ホームズ

次にハウスメーカー(住宅メーカー)

そのままですが家を建てている会社。

積水ハウスとかダイワハウスとか建築の中で1番聞いたことある企業が多い業界ですね。

ハウスメーカー志望の人はまず上のリストの中から検索して自分が入りたいメーカーを見つけてください。

こちらも就活するために必要な手順を下の記事にまとめてあるので設計部志望の人は読んでみてくださいね。

≫ ハウスメーカーの就職法|建築学生がとるべき就活準備を紹介

アトリエ設計事務所

■説明

個人が経営する設計事務所。

■代表企業

隈研吾建築都市設計事務所、安藤忠雄建築研究所

次にアトリエ設計事務所

個人が独立して開いた設計事務所。

設計規模も事務所によって全然違います。

就活の際にアトリエをわざわざリサーチするよりも直感的にいいな、好きだなって事務所に入るのがいいと思います。

ほとんど設計職しか募集してないけど、有名どころだと事務職等も募集してるからその辺はリサーチしてみてください。

工務店

次に工務店。

地方に多いですが、設計施工全てやるようなところから、設計のみを請け負うところまで様々なのが特徴です。

お客さんと距離が近いのは魅力の1つだと思いますが、アトリエ設計事務所と同じで会社によって体制がまったく違うので、工務店に行こうと思って就活するよりも行きたい公務店に出会えれば受けてみるくらいがいいかなって思いますね。

不動産

■説明

不動産の売買から貸借・管理までを代行したり、仲介したりする事業。

■代表企業

三井不動産、飯田グループホールディングス、三菱地所、住友不動産、東急不動産ホールディングス、野村不動産ホールディングス、創造系不動産

次に不動産

建物を貸し借りを取り扱う会社。

建築出身じゃなくても入れるけど、建築学科卒の方が有利な感じする。これまでに紹介した職種の中で魅力的なものがなかったら探してみてもいいと思うな。

インテリア・内装系

■説明

内装のデザインをしたり、家具をデザインしたりする事業。

■代表企業

丹青社、乃村工藝社

次にインテリア・内装業

空間単位の設計やショールーム的なものを設計したりする会社。

設計事務所ほど設計規模が大きくないけど、内装系の仕事に付きたいのであれば、まずは代表企業から調べてみるといいですね。

公務員〔市役所・県庁など〕

■説明

市や県に関する建築を買ったり、基準法に基づいて建てられた建物を審査したり、都市計画を考えたりする仕事。

次に公務員(市役所・県庁)

建築職の募集のある市役所や県庁。

これはさっき説明したけど、公共の建物を建てるために建物を買ったり、建物が違法じゃないかをチェックしたり、いろいろします。

フリーランス・起業

■説明

個人でそのまま独立・起業すること。

最後にフリーランス(そのまま独立)

ぼくの場合はデザインや執筆、写真撮影などをしながら2年間いろいろして、とりあえずご飯が食べれるようになりました。

ぼくのLINE@で相談に乗っていたり、毎月の収入や戦略の話もしているので、見てみてくださいね。

学部卒・大学院卒での就職難易度の違い〔意匠系限定〕

次に学部卒と大学院卒での就職難易度の違い

ぼくは設計志望なので設計職に関しては隅々まで分かる。だから他はごめんなさい。

ただ共通して言えるのは、大学院に行けば、構造・環境・材料・歴史でも大手企業には行きやすくはなるし、給料も2万くらいあがります。

とりあえず大学院へ行くメリットは下の記事に書いてるから。もし大学院へ進もうか迷ってる人は先にこっちを読んでくださいね。

» 建築学生は大学院に行くべきか?ガチなリアル話をぶっちぇけます。

ここからは具体的に学部・大学院卒で就職できる企業の範囲がどのように変化するかを説明してします。

学部卒の就職事情

まず学部卒の就職事情

コンペで賞を複数取ってたり、何か特別な活動をしているなど個人的な超スペックを持ってないとゼネコン(大林組、清水建設…)や組織設計事務所(日建設計、日本設計…)などの大手設計部に入るのは難しいし、

インテリア・内装系企業も最大手(丹青社、日建スペース…)は結構な実績がないと難しいと思います。

ただハウスメーカーの設計部であればインターンに行き、ポートフォリオを作りこめば大手(積水ハウス、大和ハウス…)だろうと就職は可能だと思います。

だから学部卒で設計をやりたいってなるとハウスメーカーの設計部がアトリエ設計事務所で修業をするかが良いかもしれません。

ただ設計を勉強してるのであればデザインスキルを持ち合わせてるはずなので、広告・web系の企業(例:グーグル、電通、博報堂)なら学部卒でも検討してみるのはいいとは思います。

建築よりは窓口が大きかったり、万が一落ちても別ジャンルだしいいかってなるので、受かればラッキーです。

ここでは超有名企業しかだしてないけど、広告系やweb系は面白い会社多いし、繊細な設計作業よりもアイデア力を生かしたりしたいならそっちの方合ってる人もいるかもしれません。

また個人的には学部卒ですぐに実績をつけるなら面白そうなベンチャー企業にいってそこの商品やサービスのデザインをディレクションするなんて手段もありだと思いますね。

フリーでやってて思うけど、1つでもヒットさせたり、バズらせたりする人はそれだけで仕事はたくさん舞い込みます。

院卒よりは相対的に就職可能な範囲が狭い分、自分のスキルと見つめ合って最高の選択をして欲しいです。

大学院卒の就職事情

次に大学院卒の就職事情

大学院は学部よりは大手の設計事務所や組織設計に行きやすいです。

でも、自身が所属している大学院の就職の推薦枠があるかどうかは調べた方がいいかもです。やっぱり大手ゼネコン・組織設計の設計部は以前とったことのある学校から採用するケースが多いので。

今のところ、大手の設計部に行くならコンペでの受賞は欠かせないし、作品制作に関しても、計画的に行わないと入るのは難しい。

もちろん賞を取れるのは一握りなので、戦略的に就活したい人向けに組織設計事務所への就活法もまとめておきました。ゼネコンでも言いたいことは同じなのでまずは読んでみて下さい。

≫ 組織設計事務所の就職法|建築学生がとるべき就活準備を紹介

建築卒の味方になる就職サイト3選

最後に就職活動時には活用したいサイトを紹介する。

結構建築卒の就活でポートフォリオ作りなどには全力なのにこの辺をおろそかにする人多いからちゃんと登録しておくこと。

紹介するのはこの3つ

・リクナビ

・マイナビ

・A-worker

それでは1つ1つ紹介しておくね。

リクナビ

■解説

リクルートが運営する言わずと知れた業界最大の就活サイト。一万社以上の企業が掲載されており、インターンシップの応募可能企業数もNo.1。

マイナビ

■解説

もう一つの業界最大の就活サイト。学生満足度がNo.1と評価が高い。

 

たぶん知ってると思うけどリクナビマイナビのこの2つは大抵の企業はここからチェックできるのでこの2つは常にチェックしておいて欲しい。

どちらもハウスメーカーであれ、ゼネコンであれ、組織設計事務所であれしっかり網羅しているのでどっちがいいとかはないよ。

セットで登録して好みな方を使ってね!

» リクナビの公式ホームページへ

» マイナビの公式ホームページへ

A-worker

■解説

建築設計者に特化した求人サイト

次にA-worker

このサイトは建築の設計者に特化した求人サイト

建築設計から構造設計、CADオペレーターなどの特定の職種を募集している企業が確実に分かります。

自分の情報を登録しておくだけで企業からスカウトが来たりもするので就活時に登録しておいて損はないです。よ

ぼく自身よく就職相談を受けるんだけど、一生懸命就活して結局、設計職に就けなかったって話もそれなりに聞くので、できるだけ多くの情報を常に得られる環境を作っておくのは良いと思いますよ。

» A-workerの公式ぺージへ

自己分析・強み分析はサクッと終わらせておいて

最後に今就職先や就活情報を調べてるってことはこれから履歴書とか結構かくと思う。そんでもってあれがめっちゃ面倒なんだよ。

自分の強みを書きなさいとか。自分の長所は何ですかみたいなさ。

実はそんな時に客観的に自分の特徴を出してくれるツールもあってこれがすごい評判みたいだからついでに紹介しとく。

それがね。グットポイント診断っていうリクナビNEXTが提供してる自己分析専用サービスなんだけど、20分間、4択の問題に答えるだけで客観的に自分の強みや特徴がどう見えてるかを文章化して教えてくれるの。

もちろん自分で書ければ良いんだけど、就活ってコツみたいなのがあってさ。企業向けに自分の強みを伝えなきゃいけないから1回はやってみて、自分の文章と見比べたり、客観的にデータを参考にするといいよ。

書類選考で落とされるのはめちゃめちゃ嫌だしね。

»グットポイント診断を受ける

 

このグットポイント診断は転職する人は100%と言ってもいいほど使ってるやつでマジで有料級のサービス。わりとこの手の診断ってお金かかるけど、リクナビが転職サイトで展開してサービスだから登録すればタダで利用できる。

リクナビ側は「お前転職じゃないだろ!!」って思うかもしれないけど使えるものは有益でタダだから。みんなにも教えとく。

»【グットポイント診断】引くほど当たる強み診断があるらしくやってみた。

【グットポイント診断】引くほど当たる強み診断があるらしくやってみた。 ✔この記事で分かること✔ 就活・転職に必須の自己分析のやり方 グットポイント診断の内...

おわりに

とりあえずぼくが話せることはこんな感じです。

建築卒の就職と言っても一概にくくれなくて、自分の進みたい方向によっても変わってきます。

特に設計・デザインの職に付きたいと言っても幅が広すぎるし、やると自分たちのできる幅が広すぎてね。デザイナーとかならデザイン会社に入らなくてもお菓子メーカーでお菓子をディレクションしたりデザインすることできるんだもん。

結構デザインに飢えてる会社って多くてそこのでデザインを一挙に引き受けてそのジャンルのデザイナーとして独立するみたいなのも手だなって思う。

就職といっても自分のキャリアプランの1つだし、ぼくみたいに何の戦略もなく独立する人もいる。だからゆっくり考えてなるべく広い視野で考えてみて。

 

PS.就活相談などはLINE@で受け付けてます。ぼく自身建築学生だったので少しは力になれると思います。

建築専門のYouTubeもやってるのでぜひ見て下さいね。

■紹介した就活サイトまとめ

リクナビマイナビはまず最初に登録して、特化サイトのA-workerもちゃんと忘れないようにね。

就職情報まとめ

当ブログには建築からの就職・転職情報がまるっとまとめてあります。ぼく自身、建築のこと勉強するのは好きだったけど履歴書とか面接とかそういうの苦手なんです。みんながちょっとでも楽できればなって思うのでのぞいて見て下さいね。

≫ 建築の就活・転職情報まとめ

CAREER『CAREER』では"建築職への就職"や"建築職からの転職"に必要な情報をぎゅっとまとめています。 読み進めれば就職・転職に必要な...

— 関連記事 —

■就活事情

≫ 建築卒の就活事情まとめ
≫ 土木卒の就活事情まとめ

■各業態での就活対策

≫ハウスメーカーへの就活準備
≫ゼネコンへの就活準備
≫組織設計事務所への就活準備

■履歴書や面接で使える自己分析

≫ 自己分析に人気の診断ツール

■インターン・オープンデスク

≫インターン前に知りたい知識
≫オープンデスク前に知りたい知識

■ポートフォリオ製作

≫ パクりたくなるポートフォリオ
≫ 海外の建築学生ポートフォリオ
≫ 日本の建築学生ポートフォリオ
≫ インテリア系のポートフォリオ
≫ポートフォリオ制作に使える本
≫ポートフォリオ用ファイル
≫ポーフォリ制作前の自己分析
≫建築向けの副業の始め方

NEWS

更新情報はLINE@で!

ここまでお読みいただきありがとうございます。LINE@では更新情報やぼくの活動裏まで、リアルすぎる実態を発信中!

質問やご相談も随時返信していきます◎



カテゴリー
NEXT